“知の祭典”の栄光をつかめ!がんばれチームジャパン!「WMSGチームジャパン 公式ホームページ」
ワールドマインドスポーツゲームズ チームジャパン
第1回WMSGとは
WMSGチームジャパンとは
チームジャパン 参加競技種目
ブリッジの詳細ページへ
チェスの詳細ページへ
チェッカー・ドラフツの詳細ページへ
囲碁の詳細ページへ
シャンチーの詳細ページへ
協賛
大阪商業大学
大阪商業大学
(株)博文社
(株)博文社
エンゼル商事(株)
エンゼル商事(株)
第1回ワールドマインドスポーツゲームズ
2008年10月、オリンピック直後の北京で開催される、世界的に歴史と伝統をもつ「ブリッジ」、「チェス」、「ドラフツ(チェッカー)」、「囲碁」、「シャンチー(中国象棋)」の5つを競技種目とするマインドスポーツの国際競技会。これまで「インテリンピアード」、「インテリンピック」などの仮称で国際マインドスポーツ協会(IMSA:International Mind Sports Association、本部:モナコ)が開催に向けて国際オリンピック委員会(IOC、本部:スイス)やGAISF(国際競技連盟連合、General Association of International Sports Federations、 本部:モナコ)他、関係諸機関と調整を進めてきたもので、オリンピック、パラリンピック同様、中国政府、北京市の全面協力を得て、実現することになりました。
IMSA GAISF ロゴマーク
記念すべき第1回ワールドマインドスポーツゲームズ(WMSG)には、世界100以上の国・地域から3000名を越えるトップ選手たちが集結、5競技32種目でオリンピックと同じように金・銀・銅メダルをめざし、頭脳を駆使した熱戦を繰り広げます。これらの他に、優勝カップが授与される特別種目も行なわれますが、各競技の最高得点者およびメダルを最も多く獲得した国・地域には、WMSG組織委員会名誉委員長J.ロゲIOC会長からトロフィーが授与されます。

日本ではまだ馴染みの薄いマインドスポーツという概念ですが、世界ではIOCにスポーツ競技団体として加盟しているブリッジ、チェスはもとより、囲碁、チェッカー、シャンチーも文化やゲームという枠を超えて、頭脳を使うスポーツ、年齢や肉体的条件に左右されないスポーツとしての地位が確立しています。アジア大会やアジア室内競技会など、海外の国際スポーツ大会でのプレゼンスが増えています。
開催概要
[会 期] 2008年10月3日(金)〜10月18日(土)
[開催地] 中国 北京市
[会 場] 国家会議センター、北京国際コンベンションセンター
[主 催] IMSA(国際マインドスポーツ協会)
[主 管] WMSG組織委員会 http://www.2008wmsg.org/index.php
       *ジャック・ロゲ国際オリンピック委員会会長を名誉委員長に迎え、中国国家体育総局、
        北京市、他による合同組織委員会

[後 援] GAISF(国際競技団体連合)
[協 賛] 上海ゼネラルモーターズ、他
[競 技] 計5競技32種目 (※この他、世界ブリッジ連合主催による6種目を特別併催)
      ブリッジ、チェス、チェッカー(ドラフツ)、囲碁、シャンチー(中国象棋)

WMSG組織委員会ホームページ http://www.2008wmsg.org/

WMSG開催決定からチームジャパン設立にいたるまで
「ワールドマインドスポーツゲームズ」の開催決定を受けて、2008年1月、WMSG競技種目の国内団体である(社)日本コントラ クトブリッジ連盟、日本チェス協会、日本チェッカー・ドラフツ協会、(財)日本棋院、WMSG囲碁部門ペア戦の運営サポートを担当する(財)日本ペア碁協会、日本シャンチー協会が初めて一堂に会しました。以後、6団体は、WMSGの準備状況や代表派遣についての最新情報の交換を主としたWMSG準備会を立ち上げ、準備を進めて参りました。そしてこのたび、国内の多くの人々にマインドスポーツの魅力と意義を伝える大きなきっかけになることをめざし、日本のスポーツ史上初めてとなるマインドスポーツのナショナルチーム「WMSGジャパン」を結成して北京に臨むことを決定しました。

「WMSGチームジャパン」とは →

[ このページのトップへ↑ ]
[ チームジャパンホームへ→ ]

Copyright© 2008 WMSG - TEAM JAPAN. All right reserved.